体形に関する悩み

男の悩みは、色々あるけど体形に関する悩みも多し。

みんながみんなで均整の取れた体形を維持できている訳ではない。

今回は、体形の悩みについて考えます。

肥満・デブ

まずは、肥満。俗にデブと呼ばれる体形。しかし肥満・デブにも実は色々あって、以下のようなタイプがあったりする。

  • 全体的に肥満
  • ぽっこりお腹
  • がっちりしたデブ
  • ぶにゅぶにゅしたデブ

肥満のタイプは、大きく以下の2つのタイプで分けられたりもする。

  1. 内臓脂肪型肥満
  2. 皮下脂肪型肥満

1.内臓脂肪型肥満は、内臓の周りに脂肪がたまる肥満形態。そもそも脂肪は、お腹につきやすいので、痩せている人が太り始めると、まずはぽっこりお腹になる傾向が多い。

内臓脂肪というのは、実は結構減らしやすい脂肪だとも言われていて、運動することで減らすことが出来たりする。

人間ドックで、内臓脂肪が多いと診断された人には、医者との問診で一駅分のウォーキングなどの有酸素運動を勧められた人も多いのではないでしょうか。

2.皮下脂肪型肥満は、腰回り、お尻、太ももなど下半身の皮膚の下に脂肪がたまる肥満形態。1.内臓脂肪型肥満が男性に多いのに比べ女性に多いとされている。

肥満、特に内臓脂肪型肥満は、健康的な問題も増加するということで、メタボリックシンドロームの診断等、健康診断でも話題になりますよね。

肥満解消には、まず食事。次に適度な運動。その前に、肥満を解消するという強い意志が大切だったりします。

「結果にコミットする」RIZAPも運動は、1時間弱の運動を週1,2回するだけで後は食事の指導となりたい自分をイメージさせるメンタルの指導がメインです。

ベースに「肥満を解消したい!」、「痩せたい!」という強いメンタルの保有・維持があって、食事8割、運動2割位の割合での生活習慣改善ということですね。

 

痩せすぎ、太れない

太っている人からすると贅沢な悩みだろ!と言いたくなること間違いなしですが、世の中には「太りたくても太れない」って人もたくさんいるんです。

痩せすぎ、太れない人は、その原因として以下のようなことが考えられます。

  • 食が細い。たくさん食べられない
  • 胃下垂である
  • 体質的に食べても太らない
  • 食べてもすぐ出ちゃう。常にお腹がゆるい

食が細い人が、たくさん食べるようにするのは、そうじゃない人が思うよりもずっと難しいです。食べるって行為は、結構エネルギーも使います。

痩せすぎが気になる人も食事に関しては、バランス良くたんぱく質を多めにとるように気を付けて下さい。

糖質制限ダイエットで痩せるなら、その逆で糖質をたくさんとれば太れるんじゃないか?ってバランスの悪い食事をとると体調自体をおかしくしてしまいます。

身長。背が高すぎる、背が低すぎる

身長に関する悩みも多いですね。

肥満と違って、慎重に関しては、成長期を過ぎてしまうとどうにもなりませんからね。

人類学的には、身長は以下に分類されるらしいです。

  • 150 cm未満 超低身長
  • 150 cm~159 cm:低身長
  • 160 cm~169 cm:中身長
  • 170 cm~179 cm:高身長
  • 180 cm:超高身長

平均的な身長はどのくらいなのかというと、Wikipediaでは、

人類全体の平均身長は、男性で165 cm、女性はそれよりおよそ7 %低いとされている

という記述がありますが、このソースは、寺田和夫『人種とは何か』 岩波新書 1967年(昭和42年)ということで50年前の資料ですので、もしかすると現在では違う数字になっているかも知れません。

背が高すぎる、背が低すぎる、という2つのタイプを比べた場合、背が低すぎるという悩みの方が大きいような気がします。

身長は、骨の成長に左右されます。骨は、骨本体より骨の端にある軟骨部分が成長し、骨に置き換わることで成長します。この軟骨部分の成長は、主に成長ホルモンとそれを刺激する女性ホルモンの分泌によって左右されるとされていますので、軟骨部分の成長が止まっていない若い人であれば、食事等によって軟骨成長の手助けができるかもしれません。